老後や相続、子供たちの将来を考えて収益の上がる建物を建築したいが、どの様な事に注意が必要ですか?
既に所有されている土地に収益建物の建築をお考えなら、少子高齢化に伴う人口減少や競合する収益建物の状況把握、近隣の空き地の状況把握など当該エリアに於いて事業採算が取れるか否か調査、分析してご判断する必要が有ります。

建築会社が、「サブリース30年で収益が安定し将来も安心できます。」というセールストークで、オーナーと建築会社との間でトラブル(訴訟)が急増中です。

もし、将来性が良くない場合は、現在の資産を買換えして収益不動産を購入する事も考慮すべきです。

★よろしければSNSでのシェアをしていただけると嬉しく存じます