今は元気で収益不動産を所有管理しているが、将来子供たちの相続争いや認知症などで判断能力が無くなったらどうしたらよいのだろうか?
何も対策もせずに認知症になってしまった場合は、成年後見人制度を利用。

又、事前に遺言、生前贈与で有る程度の問題は解決できますが、被相続人(死亡後財産を与える側)の意思とは関係なく、相続ではなく「争族」になる可能性があり、好ましくありません。

被相続人とご遺族が「円満な相続」にさせるには、民事信託(家族信託)を利用するのが最も良いと思います。

又、相続対策とは節税対策以外に、遺産分割対策、遺族の生活安定対策、財産の移転対策、納税対策、事業・資産承継対策、争族防止対策(二次相続)等様々な事前対策が必要となります。

 

★よろしければSNSでのシェアをしていただけると嬉しく存じます