生産緑地者です。2022年問題で30年解除すべきか、10年延長すべきなのか悩んでおります。良いアドバイスをください。
生産緑地の面積や場所等、更に納税猶予を行ったか否かで、検討すべき問題点に違いがあります。納税猶予をされた相続税が免除されるのは、「営農相続人の死亡」のみで、次の「終身営農者」が引き継げる環境にあるか否かが重要な要素です。

病気や障害で営農が続けられない状況になった場合や30年解除した場合は、猶予されていた「本来の相続税」+「猶予期間内の利子税」を支払い義務が生じます。

この多額な猶予された相続税をどう支払うかが問題になります。次世代の後継者と一緒に検討していく必要がございます。

解除する場合、相続問題(二次相続含む)、土地利用計画、節税問題、優良資産への組換、残る農地問題等を、相談者のご希望内容を伺った上で、最良な判断基準になるよう助言、提案、企画をさせて頂きます。

★よろしければSNSでのシェアをしていただけると嬉しく存じます