私は85歳で、賃貸マンション2棟とアパート3棟、駐車場30台分の経営をしておりますが、この頃体調も悪く不動産の管理・経営が煩わしく思うようになりました。息子夫婦と同居しておりますが、息子は一部上場会社に勤務しており不動産にあまり関心を持っていません。娘2人は既に嫁に出ており年に数回しか会う事が有りません。

息子に不動産事業を承継させる方法はないでしょうか?

まだお元気なようですが、息子さんに事業承継したい言うお気持ちをお話になり、当面息子さんと一緒に不動産経営をしていくのが良いと思います。

その際、息子さんは単なるお手伝いではなく、主体的に不動産経営を行い相談者は助言役に徹する必要が有ります。

そこで事業承継型の家族(民事)信託をお勧めします。不動産収入は以前通りに受取ながら、不動産経営は息子さんにすべて任せる事ができます。


★よろしければSNSでのシェアをしていただけると嬉しく存じます