公平・客観的な立場で不動産売買、賃貸借、有効活用をサポート

生産緑地問題支援

  • HOME »
  • 生産緑地問題支援

生産緑地の2022年問題とは

生産緑地とは、都市における良好な生活環境の保全や都市災害の防止,あるいは将来の公共施設整備に対する土地の確保を目的として,市街化地域内の農地を対象に指定される地区のことです。
この地区指定により,農地所有者は営農義務が生じるが,固定資産税の免税措置が図られていましたが、生産緑地法の改正により,1992年から生産緑地の指定は 30年以上営農継続の意志のある場合に限られ,それ以外は宅地並み課税となっています。
つまり、2022年がちょうど30年を経過する年にあたり、営農義務が外れることになります。2022年に期限となる生産緑地は約80%と見られています。

国土交通省 生産緑地制度ページ

生産緑地で考えておくポイント

期限間近になって慌てないためにも、今から考えておくことが重要です。

プロのコンサルティングで整理・解決

土地区画整理手法を活用し、優良資産化として、継承を目指します。

生産緑地
コンサルティング

継続または解除の問題整理と解決、将来設計のご提案

相続
コンサルティング

財産目録作成と資産評価、納税猶予、延納、物納などの提案

不動産
コンサルティング

土地組換や土地の利用計画、整備後の土地活用による収益、節税企画

生産緑地問題解決の不動産コンサルティング

生産緑地の複合的課題の解決には「不動産」「資産」「税務」「相続」のプロフェッショナルが連携した コンサルティングが求められます。

●生産緑地支援に関する事例も載せています。ぜひご覧下さい。

★よろしければSNSでのシェアをしていただけると嬉しく存じます
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.